,
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  top▲
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
今世紀最大の証明(プルーフ)には、愛があふれていました。





これもまた難しかった・・!
夜に友達の家で眠い目こすりつつ観てました。
話はそこまででもなかったけれど、出てくる言葉がね。
あたしはそういうのいちいち気にしちゃう子なので、
気にしてたらおいてかれ~・・取り戻し~おいてかれ~の繰り返しだった気がする。笑

これ観て、ジェイクに惚れた!
ヤバイあの人かっこいいて~!
ブロークバック・マウンテンが強烈すぎて、ジェイク=エロホモみたいな印象しかなかったんですが、
ヤバイね、ジェイク=キレイエロに変わりました(*´ω`*)
結局エロいのにはかわりないという。

余談ですが、あの~ブロークバック・マウンテンのときジェイクの妻役だった、アン・ハサウェイがね。あの撮影のときのねジェイクがね、
キスのときにね、舌いれたり体中さわりまくったり、
余りにも濃厚やったから、監督が思わず「カット!」と叫んだとかね、
暴露してた。笑
エロエロやな~。
でもそんなところも好きです。
ただの変態っぽい気もするけど、ジェイクかっこいいね!
眉毛があれだけどジェイクかっこいいね!


っと、話もどして、グウィネス・パルトローね。
気が狂ったように叫んだり、タンカきったり、
すごかったね。リアルだったね。
ヒステリックになるとあーいう感じになるもんね~!

アンソニー・ホプキンスもかあいかったです。
数学者ってみんなあんな感じなのかな?
もっとお堅いイメージしかなかったんだけどな。
変人であることに変わりはない気がするけど、
あんなジェイクみたいなのも居るのかな~すてき!
今度はビューティフル・マインドでもみてみようかな。

お姉さんがよくわからない。
急にやさしくしたり、結局おせっかいなだけだったのかな?
信じてみたり、疑ってみたり。
普通はあーなるもんなんかな。
あたしの感情移入が激しいだけかな。

でもこの映画すき~!
風景がすき~!
シカゴかあ・・いいな。
あたしのALTシカゴ出身なんやけど、「あんなとこ住んでたのかな~いいな~」とか思いながら観てました。

あたしのおつむが弱いせいか、それとも過去の話へよく移り変わってたせいか、現実にあったことなのか、それともただの妄想なのか、わけわかんなくなったかも~。
最後には「ああ!」ってなったけど、イマイチ不完全燃焼~

この手の映画は何度観ても大丈夫な気がするので、
またもう一度観てみたいな。

スポンサーサイト

未分類 CM(0) TB(1) top▲

COMMENT


 管理者にだけ表示

TRACKBACK

-
管理人の承認後に表示されます
【2012/11/23 21:20】 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。